主役は花入れ~備前焼~

知り合いの方からいただいた花入れ-その2-備前焼に花を生けてみました。
IMG_20170625_094821.jpg
花を入れた備前焼を眺めていると、周りの空気が引き締まるような、そんな趣きを感じます。
今週はこんな感じで決まりました。
IMG_20170626_084531.jpg
そしてやっぱりいまはアジサイが綺麗ですぅ。
2017.6.26 cwat
スポンサーサイト

河川敷ショートコース

3年ぶりくらいに河川敷にあるゴルフのショートコースに行って来ました。

ショートコース

ショートコースといえば、短いホールが多くアイアン(短い距離を打つクラブ)の練習をする
イメージですが、ここでは長く広いコースがあることが特徴でドライバー(長い距離を打つクラブ)
の練習もすることが出来ます。

前日に雨が降ったので、水溜まりなどがないか心配でしたが、当日はカラッと晴れていて
問題もなく、楽しく周ることが出来ました。
結果はイマイチでしたが、3年前よりは良くなっていたので少しは成長したのかなぁ

h.m

主役は花入れ~曽呂利~

知り合いの方から花入れをいただきまして、会社の花壇に咲いていた
小さな青色の花を生けてみました。
箱書きには、「鋳銅 曽呂利」と書かれていました。
IMG_20170615_160743.jpg

曽呂利(そろり・ぞろり)とは?
茶道でいう「曽呂利」とは、花入れの1つの種類のことを指します。
首が細長くのびて口の手前ですぼまります。
そして、口に至ると幾分かの広がりがあり、輪底からおさえ気味に
張った腰の線と相まって、全体の均整がとれています。
このように首が長く伸びて文様のない胡銅(こどう)の花入れが「曽呂利」なのです。
「曽呂利」の花入れは、茶道の草創期から尊重されていて大名物(おおめいぶつ)
の花入れとして今も何本か伝世(でんせい)されています。
とか。
ということは秀吉に仕えていた曽呂利新左衛門と関係がある呼び名か否か。

とにもかくにも格のある種類の花入れのようです。

銅製の花入れは“わびさび”を感じることができ心が落ち着きます。

ちなみに、アンティークの花瓶に葉のものだけを生けたらこんな感じで涼しげに。
IMG_20170616_181946.jpg

これからの暑くなる時期は花が少なくて。生けても持たなくて。葉のものだけでもイイ感じ(?)

2017.6.15 c.wat



松山城

こんにちは。Y.Sです。

県外の友人が松山を訪れるということで、おすすめの観光スポットを聞かれました。
ただ、自分も愛媛を10年以上離れていたため、とりあえず、松山城、道後温泉と
ありきたりな回答をしました。
そこでふと思ったのが地元なのに幼いころ以外で松山城に登ったことがない、
道後温泉も入ったことがないことに気づきました。
(それで友人に勧めるのもどうかと思いますが...)

また、地元友人と飲んでいる際にその話題になり、みんな以外と松山城に登ったことがない
ということで運動がてら、先日、松山城をウォーキングしてみました。

HPに松山城ウォーキングコースがのっておりミニトレッキングコースがあったので、
とりあえず、歩いてみると意外と傾斜がきつく、運動不足を実感しました。
コースもコースだったし、
あまり歩いている人がいなかったのでそんなに人がいないのかと
思いましたが、
GWということもあり、本丸は観光客がものすごく多く、天守は大行列でした。
(天守はあきらめました)
あとから気づきましたが大半の人はロープウェイ・リフトを利用していました・・・

いい運動になり、松山城周辺も昔とはかなり違っており、思ったより楽しめました。
(市営球場が懐かしく思います)
もう少しいろんな所に行き、恥ずかしながらこれから愛媛県を知ろうと思います。

電王戦最終戦

こんにちは、M.Fです。

プロ棋士と人工知能が戦う第2期電王戦二番勝負の第2局が先月5月20日、兵庫県姫路市の姫路城で行われ、PONANZA(ポナンザ)が佐藤天彦名人に勝利し、4月1日の第1局と合わせてポナンザの2連勝となりました。
電王戦は今期で終了することが決まっており、今回佐藤名人に敗れ、電王戦出場が叶わなかった羽生善治名人とポナンザとの戦いが見れないのが残念でなりません。
しかし、プロ棋士同士、AI同士で行われる電王戦に出るための予選(叡王戦、電王トーナメント)は今後も形を変えて続けられるとのことで、将来何らかの形で人間対AIの対局が再び行われるかもしれません。
今よりさらに強くなっているであろうAIに人間がどこまで対抗できるのか、期待しながら待っています。
プロフィール

ユイ・システム工房

Author:ユイ・システム工房
ユイ・システム工房のスタッフブログ。
愛媛県松山市来住町1239番地。
ユイ・システム工房 WEBサイト

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する