【愛媛】 久万高原町「面河渓」を探勝してきました!

先日、愛媛県久万高原町の「面河渓」を探勝してきました。

「探勝」という言葉はあまり聞きなれない言葉ですが、「名勝の地を見に行くこと。よい景色を捜して見て歩くこと。」という意味です。

面河渓探勝


面河渓は石鎚山の南麓に広がる四国最大の渓谷で、水質日本一に輝いた仁淀川の源流に位置し、奇岩やエメラルドグリーンの清流、秋には紅葉が楽しめる、国指定の名勝です。


今回は11月下旬ということで、紅葉のベストシーズンではなかったのですが、面河渓へ行く途中にはまだ少し紅葉が残っていました。(紅葉の見頃は10月下旬~11月上旬)

面河渓へ行く途中1 面河渓へ行く途中2

車で行けるのは面河渓散策の中心地となる、渓泉亭面河茶屋、国民宿舎面河のあるあたりまでで、そこからは遊歩道を歩いての散策になります。

面河渓マップ

散策のルートは大きく分けて、地図の右上の方へ向かう「本流ルート」と左上へ向かう「鉄砲石川ルート」の2つのルートがあります。

その他にも、面河山岳博物館から通天橋まで渓谷沿いに続く約600mの関門遊歩道や、石鎚山が一望できる亀腹展望台自然散策道もあります。

面河渓遊歩道ガイド


今回探勝したルート
面河山岳博物館から通天橋までの関門遊歩道 == 本流ルート == 渓泉亭面河茶屋で昼食 == パノラマ台登り口からパノラマ台 == 鉄砲石川ルート


今回は特別に面河山岳博物館の方にご案内いただき、面河渓の歴史・地形・植物・昆虫などの説明をパネル写真を交えて、随所で行っていただきました。

各スポットで止まりながら説明をしていただき、ゆっくりとしたペースで歩いて、9時30分にスタートし、お昼に渓泉亭面河茶屋で昼食、15時にゴールとなりました。


面河渓遊歩道1 面河渓遊歩道2
面河渓遊歩道3 面河渓遊歩道4

今回探勝した遊歩道はどの道も整備されており、専門の装備が無くてもスニーカーで十分歩けると思いますが、パノラマ台登り口からパノラマ台までは、他の遊歩道に比べると急な山道ですので、トレッキングシューズの方が登りやすそうでした。

今回訪れた時期は11月下旬でしたが、渓谷を吹き抜ける風は冷たかったので、ある程度の防寒は必要だと思いますが、歩いていると体が温まってくるので、温度調整ができる服装がベターだと思います。


面河山岳博物館から通天橋までの関門遊歩道

面河渓入口からすぐに見えてくるのが、面河山岳博物館
今回館内には入らなかったのですが、次回訪れた時には是非行ってみたい所です。

面河渓入口1 面河渓入口2
面河山岳博物館 面河・石鎚観光案内


面河山岳博物館から約600m続く関門遊歩道は、片道約15分と、面河渓の全てを見て回る時間がないという方にはぴったりなルートです。

関門遊歩道1

関門遊歩道2

関門遊歩道3

関門遊歩道4


面河川本流ルート

面河渓のメインルート「面河川本流ルート」は、美しい紅葉が見られる紅葉河原など、面河渓の美しい景色を堪能できる見どころの多いルートです。
2つのキャンプ場があり、車の乗り入れはできませんのでキャンプ道具の運び込みは大変ですが、それゆえに大自然の中でキャンプが楽しめる、玄人好みのキャンプ場です。

面河川本流ルート

面河川本流ルート 面河川本流ルート

面河川本流ルート

面河川本流ルート 面河川本流ルート

面河川本流ルート

面河川本流ルート


渓泉亭面河茶屋

お昼は渓泉亭面河茶屋にて、あまご飯をいただきました。
ダシのきいたご飯と頭からまるごと骨まで食べられるふっくらとした脂ののったあまごの組み合わせは、ここでしか食べられない絶品です。
ただし、あまご飯は今回だけの特別メニューということで、通常メニューには無いようですが、ぜひメニューに載せていただきたい一品でした。

渓泉亭面河茶屋 渓泉亭面河茶屋


パノラマ台登り口からパノラマ台

午後からは鉄砲石川ルートを探勝しますが、その前にパノラマ台に登ります。
パノラマ台へは本流ルートから亀腹展望台を経由して行くこともできますが、かなりハードな道のようですので、パノラマ台だけを目指す場合は、国民宿舎面河の裏のパノラマ台登り口からが比較的楽に登れるようです。

パノラマ台 パノラマ台


鉄砲石川ルート

鉄砲石川ルートは花崗岩をくり抜いた、アドベンチャー感満載のトンネルや、兜岩や鎧岩などの奇岩が楽しめるルートです。
こちらにも鉄砲石川キャンプ場があります。

鉄砲石川ルート

鉄砲石川ルート 鉄砲石川ルート

鉄砲石川ルート

鉄砲石川ルート


国民宿舎面河

国民宿舎面河

現在は宿泊することはできませんが、グッドリバーさんの拠点となっており、夏の間はキャニオニングを楽しめます。
面河渓キャニオニング ハーフDAYコース

F.N
スポンサーサイト

科学者の卵養成講座~仙台・青葉山の秋~

秋深まる仙台で 科学者の卵養成講座 の講義を視察してきました。

特に東北大学青葉山キャンパス周辺は紅葉が美しく、空気も清々しく、
環境がすばらしく整ったキャンパスで行われた講義では、
科学者を目指す卵さん、ひよこさんの未来へ飛躍していく様子を拝見し
感銘を受けました。

科学者の卵養成講座 飛翔型
第7回 2016年11月12日(土)
[青葉山キャンパス] 工学部中央棟大講義室

aobayama.jpg

touhokuUVkougakubu.jpg

kagakushanotamago.jpg

2016.11.26 c.wat

人工知能の進化2

こんにちはM.Fです。
今月19~23日に第2回囲碁電王戦が行われ趙治勲名誉名人と国内で開発された人工知能囲碁ソフトDeepZenGoが対局しました。
総合では趙名誉名人が2勝1敗で勝ち越しましたが、2戦目のDeepZenGoの勝利は国内開発のAIがハンデなしの対局で初めてプロに勝利した記念すべき一戦となりました。

また、世界でも様々な研究が行われ、自分が面白いと感じたのがゲームを通してのAIの学習を行う研究が盛んだということです。
元々ゲームでは対戦相手としてAIが用意されていますが、最初から人間が用意したアルゴリズムを用いるものではなく、0からスタートしたAI自身が、ゲームのプレイによって与えられる報酬によって学習し、スーパーファミコンの格闘ゲームなど一部のジャンルでは人間を上回るスコアを出すようにまで成長させることに成功しているそうです。

国内外で盛んにAIの開発・教育が行われている昨今、ゲーム好きのAIが人間に交じってゲームの大会に出場する日がそう遠くないうちに来るかもしれません。

カップラーメンに虫が入ってた話 完結編

こんにちわ。a.yamです。

1年位前の話ですが、今話題の食品の異物混入に遭遇しました。
具体的に言うと、カップラーメンの中に虫が入ってました。

SNSで拡散したりしないところが私のいいところですね。

その話をYUIの朝会でお話したのですが、そこで伝えきれなかった話の完結編です。




メーカーさんからの謝罪の後、最終的に「調査報告書」が送られてきました。
その中には、なんと虫の死亡診断書のようなものまで含まれていたのです。
その虫はなんという名前の虫なのか、夜行性なのかどうか、生態はどうなのか、死因はなにか?
そこまで調べてありました。

最終報告書

また別の書類には、ラーメンの製造工程まで書いてありました。
簡単に説明すると
1.まず粉を買ってきて
2.水を加えて生地にして
3.細く伸ばして麺にして
4.その麺を一食分にまとめて
5.油で揚げて
6.カップに入れて、ベルトコンベアーに乗せて
7.かやくやスープの袋を入れて
8.蓋をして
9.ラップをして完成

工程なんかしらんわい!と言いたくなりますが、ここで死亡診断書が効いてきます。
メーカーさんが言うにはこうです。

「この虫を調べた結果、タンパク質に加熱がみられませんでした。
したがって、5の「油であげる工程」以降に混入したと思われます。
また、この虫は活動量が少ない虫ですので、ベルトコンベアー上の製品に飛び込んだとは考えにくいです。
おそらく7,8の工程あたりの機械に載っていた死んだ虫がポロリと落ちたものだと推測されます」


なんと見事な分析でしょうか。

またこんな記述もありました。

「この虫は同一工場内で3例捕獲例がありますが、食品に混入した事例は今回が初めてです。
活動量が少ない虫ですので、おそらく侵入は業者の納入するダンボールに付着していたものと
思われます。したがって再発防止のために以下の対策を取りたいと思います。」


・業者にダンボールのエアー吹付けを徹底
・ダンボールをラインに持ち込ませないようにする
・従業員へ再教育
・侵入経路の検査
・など

私が驚いたのは、「3例捕獲例があり」の部分です。
捕まえた虫を一匹ずつ名前を調べて管理しているとは驚きです。食品工場というのはここまで衛生管理が徹底しているのですね。
また、「この工場には虫が出たことがある」なんて言わなければいいのに、それを言ってしまう誠実さにも驚きました。不都合を隠さず正直に対応しているという印象を受けました。

提案された対策も、現実的な内容で好感を持ちました。



異物混入というのはとても気持ちのよいものではないですが、
プロのトラブル対応を目のあたりにすることができ、とても良い体験をしたと思います。

失敗は誰でもするものです。
そこから何を学ぶかが重要ですし、もしかしたら失敗後の対応から、お客さんの信頼を得るかもしれません。

キーワードは誠実さではないだろうか、と私は考えます。

(報告書の全文が読みたい方は私までどうぞ。)

続・何か植物を育ててみる


こんにちは!
K.Mです。

一年前ぐらいに、「何か植物を育ててみる」と言うタイトルで紹介した植物たちですが、現在は以下の様に成長しました。
(中央はアボカド、右はパイナップル、左はマンゴーになります。)
植物の現在

しかし、これから冬になると、家に入れておかないといけないのですが、どこに置いておくかが悩みどころです。

また、先日新入りのパイナップルが仲間になりました。
植物新入り

まだ、セッティングしてから3日目ですが、既に根っこが出てきています。
(赤い矢印のブツブツが根っこになります。)
パイナップルの根
プロフィール

Author:ユイ・システム工房
ユイ・システム工房のスタッフブログ。
愛媛県松山市来住町1239番地。
ユイ・システム工房 WEBサイト

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する